睡眠の質の向上を実現して新陳代謝を活発にしてくれるケイ素

シンデレラ睡眠のメカニズム

「シンデレラ睡眠」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

夜12時までに眠ると深い眠りに入れ、皮膚の代謝が活発に行われるのでお肌がキレイになるという現象のことです。

シンデレラは運命が12時に左右されましたが、、睡眠の質を考えたときにこの12時前に睡眠するかどうかが大変重要になってきます。

現代社会では夜型人間も大勢いらっしゃいますが、睡眠不足を避けるためにも質の良い睡眠を心がけたいものです。

ノンレム睡眠とお肌の代謝

睡眠にはレム睡眠という浅い眠りとノンレム睡眠という深い眠りの2種類があります。

レム睡眠では体を休め、ノンレム睡眠では大脳が休んでいます。

私たちはひと晩でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。

レム睡眠とノンレム睡眠

ノンレム睡眠時に新陳代謝をうながす成長ホルモンが分泌されます。

特に午後10時から午前2時まではお肌の代謝が活発に行われています。

ですから遅くても12時には就寝したほうがお肌のためには良いということになります。

そしてこの大切な睡眠にケイ素も深く関わっているのです。

メラトニンと体内時計の役割

大脳の松果体から分泌されるメラトニンは、夜暗くなると分泌されて光の刺激によって分泌が制限されるため、ドラキュラホルモンとも呼ばれています。

メラトニンには入眠作用や睡眠を維持する作用があり、1日24時間の周期に合わせてリズムを刻む体内時計を正常に保つ働きがあります。

入眠して最初のノンレム睡眠が一番深い眠りであり、ここで脳が休んだり新陳代謝が活発に行われたりする大切な時間となります。

この最初のノンレム睡眠が睡眠の質の決め手となります。

メラトニンは最初のノンレム睡眠を実現させる役割を担っています。

そして朝日がさすと光の刺激で目が覚めるのもメラトニンの働きによるものであり、質の良い睡眠であれば、目覚めがすっきりとして健やかに1日をスタートさせることができるというわけです。

ちなみに夜に照明が明るいコンビニなどに行くと、メラトニンが朝だと勘違いして分泌されなくなります。

スマホやパソコンが発するブルーライトは、メラトニンの分泌を減らす作用があります。

そのため、寝る直前にスマホやパソコンを見ると睡眠の妨げとなってしまいます。

ケイ素と睡眠の関係

さて、このメラトニンが作られているのは大脳の松果体であり、ケイ素は松果体の構成成分となっているというわけです。

ケイ素が脳に十分に補給されれば、松果体でメラトニンが正常に分泌することにつながるわけですから、ケイ素を効率的に摂取することで睡眠の質の向上にも貢献するというわけです。

Follow me!