ケイ素とアンチエイジング

美魔女:年齢を超えた美しさへの追求

「美魔女」という言葉を聞いたことありますか?

実年齢よりもかなり若く見える35歳以上の女性のことで、「魔法をかけたかのように美しい」という意味で使われています。

こうした美魔女と呼ばれる人たちが、揃って追求しているのが美肌です。

外出時に紫外線を避けるのはもちろん、保湿パックや美顔マッサージなどスキンケアを欠かさないなど。

メイクやファッションで若づくりするのではなく、からだの内側から若さを保っていたいという意識が強いのです。

女性にとって、美魔女のように素肌美人のまま歳を重ねていくのが理想となっているのかもしれません

美肌への追求:ケイ素の役割

アンチエイジングをうたう基礎化粧品が次から次へと発売されていることからも、美肌へのニーズの高さがうかがえます。

お肌のアンチエイジングに、ケイ素は大きな役割を果たします。

ケイ素は真皮を構成するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などをしっかりと結びつけているのです。

弾力のあるみずみずしいお肌を作るのにケイ素は欠かせません。

ケイ素を摂取することで美肌を手にいれ、美魔女への道を歩むことができるでしょう。

アンチエイジングと高加齢医学

また、一般的にはアンチエイジングは「いつまでも若々しくいるためのケア」というように受け取られています。

しかし医療の分野では高加齢医学(アンチエイジング医学)というジャンルがあり、超高齢社会において健康で長生きするための予防医学としても注目を集めています。

老化のメカニズムには解明されていないことも多いのですが、老化の原因としてフリーラジカルによる酸化ストレス、免疫力の低下、細胞機能の低下などが挙げられます。

ケイ素の抗酸化力と免疫力向上

また、ケイ素には強い抗酸化力があり、免疫力を向上させ、細胞を活性化させる働きがあります。

美肌だけではなくからだそのもののアンチエイジングにケイ素の働きが期待されています。

また、お肌のシワやたるみもケイ素不足が原因ということが分かってきました。

アメリカを中心として海外のセレブたちの中で「ケイ素は美のミネラル」と言われ、コラーゲンよりも人気になっているそうです。

ケイ素には化粧品会社や美容の専門家たちも注目しています。

お肌の弾力や保湿力を保つケイ素とは、どんな役割があるのでしょうか?

女性は、特に30歳を超えると「最近、急にシワが増えてたるみが気になるようになってきた」とか「シミが濃くなった気がする」など、色々とお肌の老化が気になり始めます。

ケイ素の重要性:骨、コラーゲン、エラスチンに関わる

このお肌の老化の原因は、ケイ素にも関係があります。

人体の構成要素のひとつであるケイ素がなくては、生きていけません。

ケイ素が不足すると骨やコラーゲンにも異常が起きてきます。

爪が割れる、歯がもろくなる、白髪、薄毛、老化の進行によるシミ、シワ、たるみなど、ケイ素は美容にも大きく関わっています。

ではお肌のシミやシワ、たるみなどについてケイ素はどのような効果をもたらすのでしょうか?

皮膚のターンオーバーと老化

皮膚のターンオーバーには、20代ですと28日周期と呼ばれますが、30代になると40日、50代だと75日、そして60代になると100日もかかってしまうことがあります。

歳をとるのは本当に嫌なことですよね。気持ちは若いままでも現実は厳しいものです。

ところで、皮膚のターンオーバーとは、皮膚の奥にある真皮層が新陳代謝により皮膚の表面の表皮層へと上がっていき、新しい細胞に代わっていくことを意味します。

真皮層の細胞の新陳代謝が老化やストレス・活性酸素の影響で悪くなってしまうと、皮膚を構成する古いコラーゲンやエラスチンが居座り続けてお肌の組織を硬化させてしまうのです。

さらに水分も十分に貯めることができなくなり、お肌のみずみずしさは弾力が失われ、シミやシワ、たるみが生じやすくなってしまいます。

お肌の新陳代謝をアポートする成分

皮膚の新陳代謝を正常に戻すには、細胞を構成するフレッシュな成分が必要です。

それがコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などです。

例えサプリメントでコラーゲンをたくさん摂取しても、消化酵素で一旦アミノ酸に分解されてしまいます。

もともとコラーゲンは、アミノ酸でできているので、一旦バラバラに分解されてしまうと、そのアミノ酸がタンパク質の材料となって再びコラーゲンになるとは限りません。

サプリメントで摂取するとコラーゲンを構成しているアミノ酸の種類は少ないため、大量摂取は栄養のバランスを崩してしまうため注意した方が良いでしょう。

サプリメント VS 食事からの栄養

本来、いろいろなアミノ酸を含んでいる肉や魚、大豆などを満遍なく食べる方がいいと言われています。

ケイ素は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を結びつける接着剤の役目を果たします。

結合組織が丈夫になることで、弾力性のある真皮に生まれ変わり、新陳代謝が活発になり潤いのあるしっとりしたお肌になります。

ケイ素の役割:美しい肌の維持と再生

みずみずしいお肌を作るためにコラーゲンを補充するアミノ酸をしっかり摂取してケイ素で強化する。

ケイ素がなければいくらコラーゲンを摂取してもみずみずしいお肌になることはありません。

ボロボロになった真皮を再生する役割を確実に果たしてくれるケイ素、いくつになってもハリのあるお肌、弾力のあるお肌を保つために、これからも意識して摂取していきましょう。

Follow me!